2015年04月28日

中国も“環境税”導入か?

環境破壊と経済発展の著しい中国が、4月から“高級品”
へ増税することを決定した。12年ぶりの大幅な税率改定で
ある。一応、消費税のような形を取っているが、増税の対象
が大型車やゴルフ用品(クラブとボール)、プレジャーボート
ト、割り箸など環境へ悪影響を与えると考えられるものに
絞っているところを見ると、一種の環境税と見ることもでき
るだろう。高級時計には+20%、ゴルフ用品とプレジャー
ボートには+10%、床用の板材と木製の使い捨て箸には
5%の税金が新たに課せられる。また、急速に増え続ける自
動車は、排気量が1-1.5リットルの車は従采の5%から
3%に下げ、4リットル以上は8%から20%に上げるなど
“グリーン税制-を明確にする。23日の「へラルド朝日』と「朝
日新聞」の夕刊が伝えている。

この税制改定で、中国政府は環境保全に加えて、省工ネと
貧富の差の縮小も意図しているようだが、主な狙いは自家用
車の規制である。中国は一応、社会主義を標傍しているが、
個人用の自動車の販売台数は2000年に64万台だったも
のが、昨年は一気に310万台にまで増えた。これによって
燃料の消費量は急拡大し、大都市では大気汚染が深刻化して
いる。今回の増税はこれら自家用車のうち大型車を狙い撃ち 
するから、国内メー力一よりも海外メーカーへの影響が大き
いだろう。特に、大型乗用車やジープを製造するダイムラ_
=クライスラー社にとっては痛手だろう。さらに、7月1日
以降に販売される自動車に対しては、より厳しい燃費効率が
義務づけられるというから、欧米の自動車メー力一への影響
は大きいだろう。

私は、中国政府のこの明確なメッセージを歓迎する。自由
主義経済下ではこれほど思い切った税率変更は難しいのだろ
うが、環境破壊と化石燃料の消費増大の-先頭-に立ってい
るような国だからこそ、温暖化防止のためにできることはど
んどんやってほしい。ただし、今回の増税には「航空燃料」
が実質含まれていない点が、気になる。今後もこの国での販
売の急増が予測される自動車は、これによって「燃費のよさ」
カ遇大のセールスポイントになる可能性があるから、日本産
のハイブリッド技術がさらに普及していくだろう。
posted by コウベビューティーのナノエモリエントジェル at 16:37| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年04月24日

「ティファニー」横浜ランドマークプラザ店リニューアルオープン

1993年のオープン以来、幅広く親しまれている「ティファニー(TIFFANY)」横浜ランドマークプラザ店が24日、リニューアルオープンする。
img_3a1552c74dd26d718d64fa7d4caec110195752.jpg
今回のリニューアルオープンを記念して、 11.05カラットもの希少なイエローダイヤモンドを贅沢に使用した約1億円のリング(104,112,000円 /税込)を5月6日までの期間限定で展示販売する。19世紀後半からイエロー ダイヤモンドの魅力を紹介し続けてきたティファニーが誇るクオリティの高さと卓越したクラフツマンシップを体感できる最高峰のジュエリーだ。
posted by コウベビューティーのナノエモリエントジェル at 12:27| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年04月21日

「疑いによる抑止」の限界

イラク戦争開戦3周年(3月20日)を前にして発行さ
れた米軍の報告書の内容が明らかとなり、3月15日の「産
経新聞」が伝えている。この中で興味あることは、イラクの
フセイン大統領(当時)は当初、アメリカよりもイスラ工ル
の攻撃を恐れていたらしく、それを避けるために大a破壊兵
器く生物化学兵器や核兵器)の存在を喫昧にすることで「疑
いによる抑止](deterrence by doubt)を意図していたと
いうことだ。ただし、これはイラク戦争開始以前の2002
年前半までのことで、同年後半以降は、国連の調査に協力し
て大量破壊兵器が存在しないことを証明しようとしたが、「イ
ラクが嘘をついていないと納得させることは難しかった」と
いう。ノラリクラリの不誠実な対応にイスラ工ルに対する戦
略的な意図があったとしても、外交には誠実さが重要という
ことだろう。

この報告書でもうーつ興味があるのは、フセイン大統領は、
アメUJ力は自国を攻撃しないだろうと楽観していて、万一攻
撃されても米軍を撃退できると考えていたらしいことだ。ア
メリカが攻撃しない理由は、イラクに権益をもつ□シアとフ
ランスの反対が強いと考えていたからだが、米軍に勝てると
考えた理由はよく分からない。多分、都市でのゲリラ戦は自
国こ有利と考え、戦争の長期化によって、米国内の反戦気運が
高まることを期待していたのかもしれない。

このような報告書の分析が細部まで正しいかどうかは不明
だが、「戦争は“誤算”によっても起こる」という点は心に
とどめておくべきだろう。フセイン氏は、アメリカの意図を
大きく読み間違っていたからだ。振り返ってみれば、大東亜
戦争開戦時には、日本に大きな誤算があったし、朝鮮戦争や
べトナム戦争の時にはアメリカ側にそれがあった。また、湾
岸戦争には、イラク側に大きな誤算があったことが分かって
いる(誤算の内容は省略)。誤算とは、不正確な認識が原因
で計画が思い通りに行かないことであるから、一種の“迷い”
とも言える。
posted by コウベビューティーのナノエモリエントジェル at 11:50| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする