2016年06月20日

AmazonのPrime Nowにパリ市長がサービス反対を表明

Amazonは商品を注文してから1時間で配達するサービス「Prime Now」を世界40都市で提供しています。フランス版AmazonのAmazon.frでは、2016年6月16日からパリ市内でPrime Nowを開始しているのですが、Prime Nowの爆速配達サービスが地元の小売店の営業妨害になるとして、パリ市長がPrime Nowに対抗する動きを見せています。

Amazon.frでは、年会費49ユーロ(約5800円)を支払ってAmazon Prime会員になると、パリ市内でPrime Nowのサービスを利用できます。フランスのPrime Nowでは、食料品を含む1万8000点の対象商品の中から20ユーロ(約2400円)以上分の商品を注文すれば、2時間以内に商品を受け取ることが可能。また、追加で5.90ユーロ(約700円)を払うと、1時間以内の配達サービスが受けられます。Prime Nowの商品は、パリ18区にある広さ4000平方メートルの倉庫から出荷され、倉庫では70人のスタッフが勤務しているとのこと。

posted by コウベビューティーのナノエモリエントジェル at 10:32| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする