2017年04月21日

ハーブティーの葉にトリカブト、飲んだ女性が死亡

米サンフランシスコのチャイナタウンにある商社で購入したハーブティーを飲んだ50代の女性が、その後体調を崩し、死亡していたことが分かった。同市の公衆衛生当局が22日までに明らかにした。

当該のハーブティーに使用した葉から猛毒のトリカブトが見つかったため、市では同じ商社から商品を購入した消費者に対し、飲まずに処分するよう呼びかけている。

女性は2月にハーブティーを飲んでから間もなく体が衰弱し、命を脅かすほどの心拍の異常に見舞われた。病院に入院して治療を受けたものの、市の当局者によればそのまま18日に死亡した。

別の男性も同じ商社で購入したハーブティーを飲んだあと、体の不調を訴えて入院。市当局はこの男性について、入院後回復し今月12日に退院したと発表している。

分析の結果、これらの患者の体内と上記の商社の商品サンプルからトリカブトが検出された。トリカブトは漢方薬として痛みや傷の治療に使われるが、強い毒性成分を持っているため、誤食すると顔や手足のしびれ、心拍の乱れ、吐き気、腹痛などを引き起こす。

米自然療法医協会のジャクリン・シャッセ会長は、中国から輸入されるハーブの原料には十分な加工が施されていない粗悪品が混じるケースが多いと指摘。医療の専門家が推奨する信頼できる企業の製品を購入するべきだと強調した。
posted by コウベビューティーのナノエモリエントジェル at 11:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする