2016年11月26日

台湾で18万人規模のデモ、同性婚の合法化に反対し支持派と衝突も

11.jpg
2016年12月3日、台湾で同性婚合法化に反対するデモが行われ、18万人近くの人が参加した。台湾・中国時報が伝えた。

台湾では先月8日に立法院(国会に相当)で同性婚を認める民法改正案を可決し、同月17日に審議を開始した。台湾はアジアの中で性的少数者(LGBT)に寛容とされているが、今回の同性婚合法化には反対の声が少なくない。

デモは台北市、台中市、高雄市で行われ、参加者らは「こちらは30回の公聴会を求めたが、関連部門は2回しか譲らなかった。これでは庶民の声が反映されない」とし、中学生と小学生の子どもを持つ母親は、「教科書では子どもに多様な家族の姿を教育しているが、これでは家族や性に関して子どもを間違った方向に導いてしまう可能性がある」と語り、台湾当局に対し同性婚合法化についてもっとじっくり検討し庶民の声を取り入れるよう求めた。

同日は同性婚合法化を支持する人の姿もあり、反対派と衝突する場面も見られた。台北市では支持派の学生らが反対派の活動場所に現れ主張を行った。警官が間に立ったことで大きなもめ事には発展しなかったが、衝突の際に支持派の人物が肋骨(ろっこつ)を骨折するトラブルも起きている。
posted by コウベビューティーのナノエモリエントジェル at 10:38| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年11月01日

中国の最新ステルス戦闘機「殲20」、珠海エアショーで初公開へ

中国の最新戦闘機でステルス性能を備えた「殲20(J20)」が、広東(Guangdong)省珠海(Zhuhai)で11月1日から開幕する航空ショー「中国国際航空宇宙博覧会(Zhuhai Air Show、珠海エアショー)」で初公開される。製造メーカーの中国航空工業集団(AVIC)が31日発表した。

 高速飛行および長距離ミサイルの搭載が可能なステルス機であるJ20は、20年前に航空技術で世界を追いかけ始めた中国にとって、アジアで力を誇示し米国と競える水準を獲得した点において大きな飛躍といえる。

 2年に1度行われる中国唯一の航空展示会、珠海エアショーは今年、過去最大規模で開催される予定で、11か所の展示ホール、屋内外合わせて面積43万平方メートルの展示会場に42か国・地域、700の出展者が関わる151機が披露される。
posted by コウベビューティーのナノエモリエントジェル at 11:08| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年10月07日

いちばん重要なのは自然にまかせ、あるがままでいることじゃないかな

手を出していませんでしたか。大入になると「みんなの目」よりも「自分らしさ」にシフトしてくるもの。でも、「自分らしさ」は難しくて、かくあるべき、という枠にはめてしまいがちかもしれません。
1.jpg
30代の大人な私は「シックな黒しか魁ない!」とか、「エレガントな赤ワインしか飲まない!」なんて(笑)。スタイルがあるのはとても大切。でも、いちばん重要なのは自然にまかせ、あるがままでいることじゃないかな。
posted by コウベビューティーのナノエモリエントジェル at 11:30| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする